蠍座(さそり座)の性格【特徴・傾向】まとめ

蠍座(さそり座)の性格まとめ|特徴・傾向占術

蠍座(さそり座)の性格まとめ|特徴・傾向

蠍座(さそり座)の性格について本質的な特徴を紹介しています。

ここでは、星座占いや運勢についての書籍やWebメディアなどで述べられている内容を最大公約数的に集約して、蠍座(さそり座)の基本的な性格の特徴、思考や言動などの傾向をまとめて一覧にしました。

内面にパワフルなエネルギーを持つ蠍座

内面にパワフルなエネルギーを持つ蠍座

見た目の様子からは穏やかで優しそうな印象だが、激しい感情を潜在させている。

傾倒した人や物事に対しては、まさに全身全霊で関わっていくタイプ。

無口で控えめな外見とは裏腹に、内面には湧き上がる情熱を秘めている気質。

周囲からクールに見られがちだが、意志が固まれば強烈な情熱で徹底的にやる性格。

普段から感情を表に出さないので大人しく見られるが、我慢の限界を超えたり裏切られた場合には、内面的なエネルギーが激しいだけに一気に爆発する。

目的を達成させる際の集中力が凄い蠍座

集中力が凄い蠍座

関心や興味を持つと、それに対して全力を傾けて容易にブレない集中力の凄さがある。

何でもあれこれと手広くやるよりも、ひとつの物事に集中して深く追求していく気性。

興味のある物事に取り組む際の集中力が凄まじく、意識をそこへフォーカスさせる。

同時に複数のことに対して情熱を注ぐのは苦手で、何か一つに徹底して深く関わるタイプ。

何に関しても一途な気質があり、意識がそこに向き出すと他を顧みないひたむきさがある。

洞察力が鋭く物事の本質を見極める蠍座

洞察力が鋭い蠍座

人や物事を深く鋭く観察する能力が長けており、見せかけだけの表面的な部分に騙されない。

相手の表情や癖なども含め、普段から人の行動をよく観察している傾向がある。

洞察力が高く、相手がごまかしたり嘘をついてることを見抜く力が優れている。

何に関しても広く浅くでは中途半端になり納得いかないので、深く掘り下げていく性格。

物事を深く知ろうとする性格で、自分が納得いくまでトコトン見極めようとする。

不思議なオーラを放ち存在感がある蠍座

不思議なオーラを放ち存在感がある蠍座

もともと無口な傾向があり自分を強くアピールするタイプではないが、人の気持ちを引きつけるようなオーラを放っている。

自分が意識していなくても独特の雰囲気を醸し出し、大人しそうにしていても妙に存在感がある。

自ら進んで自分のことをペラペラ話す性格ではないので神秘的に見られ、その部分が人を惹きつける要因にもなっている。

基本的にもの静かなタイプだが、内面にある深淵で複雑な気質が不思議な雰囲気を醸し出し関心を引く。

周りから何を考えているのか分からないと思われがちだが、そこが不可思議な魅力となっている。

同情心が厚く愛情深さがある蠍座

同情心が厚く愛情深さがある蠍座

誰かれなしに満遍なくというより、信頼した人へ深い愛情を注ぎ続ける気質。

懇意にしている相手に対してはとことん親身になって接し、自分のことのように思いやる気性。

簡単に他人を信用しないが信頼の置ける相手には、自分から裏切るようなことはまずしない。

心の絆を大切にしているので、心を許して親しくなった相手には愛情深く接する。

情が深いだけに親密になった相手に対し、お互いが融合していくような一体感を強く求める。

中途半端は嫌いで決めたらやり遂げる蠍座

中途半端は嫌いで決めたらやり遂げる蠍座

一度決断たことは何が何でも成し遂げなければ気が済まない性格。

とにかく中途半端なことが嫌いなので、時間が掛かろうともやり遂げる。

目的を達成するためには努力を惜しまず、目標を一つ一つクリアさせていく。

自分の中にある理想に対して、軽々しく妥協するのは嫌という気性。

曖昧なままや不完全な状態のままでは納得いかない性分で、白黒ハッキリとさせたい。

辛抱強く粘り強い努力を重ねる蠍座

辛抱強く粘り強い努力を重ねる蠍座

苦境に立たされても決して腐らない精神力があり、心が折れることなく頑張れる。

一度決めたことは最後までやり遂げるという、粘り強い精神の持ち主。

問題が生じた際にすぐ諦めたりはせず、根気よく向かい合い解決していく。

努力家なので一度決意して取り組み出すと、そこへのエネルギーを持続することができる。

壁にぶつかっても逃げたりせず、どうすれば乗り越えられるかを考えて辛抱強く取り組む。

ロ数が少なくシャイな印象を持たれる蠍座

ロ数が少なくシャイな印象の蠍座

謙虚で物静かな性分なので、「おとなしい人」「シャイな感じ」といった印象を持たれやすい。

虚栄心が少ないので、進んで自己アピールしたり自分を大きく見せようとすることはない。

自分の主張を声高に訴えたり出しゃばったりすることがなく、何事にも控えめな気性。

もとより無口なこともあるが、うっかり口を滑らせることなどなく、口が固いタイプ。

仲間内でも大はしゃぎするようなことはないので、周りからは「ノリが悪い」と思われがちなことも。

秘密主義でミステリアスな雰囲気の蠍座

秘密主義でミステリアスな雰囲気の蠍座

感情を表に出さないタイプながらも独特の存在感があり、ミステリアスな雰囲気がある。

そもそもロ数が少ない上に率先して自分の意見や感想を言う気質ではないので、「秘密主義な人」という印象を持たれやすい。

内に秘めた感情はすごく豊かなのにポーカーフェイスで、対外的には感情をストレートに表現することは稀。

猜疑心が強い故に、誰かれなしに自分のプライベートな情報や考えていることを軽々に話さない性分。

日頃から多くを語らない気性なので、周囲からは「何を考えているのかわからない人」と思われていることも。

用心するあまり疑い深い気性の蠍座

用心するあまり疑い深い蠍座

根本的に疑い深い気性なので、決断したり行動に出るのが遅れがち。

信頼できる人かどうかを見定める性質があり、警戒心を抱きがちなタイプ。

心を開いて打ち解ける間柄になるまでには、長い期間を要する。

ちょっと仲良くなったとしても、本心ではなかなか他者を信用しきれない思いがある。

一度親交が深まった人とは余程のことがない限り、そうそう簡単に縁が切れることはない。

執着心にとらわれやすく執念深い蠍座

執着心にとらわれやすく執念深い蠍

良い意味でも悪い意味でも、簡単には諦めない心を持った性格。

思い込みの激しい面や頑固なところがあり、一つの考えに固執することも少なくない。

広いが薄い関係性よりも、お互いが信頼し合える深い関係を結びたがる傾向がある。

感情の熱量が凄いだけに、並々ならぬ熱意が悪い方へ向かうと執念深いということになりがち。

愛情の注ぎ方が並大抵のものでないだけに、裏切られると一生許さないほどの執念深さがある。

愛憎相半ばし嫉妬心が強くなる蠍座

嫉妬心が強い蠍座

相手に対する情が深い分だけ相手から自分への思いが気掛かりとなり、独占欲が強くなって束縛しがちな傾向がある。

内面に情念を強く持っていることに加えて一途なので、嫉妬心を抱きやすい。

自分と同じくらいの情愛を、相手に対して求めてしまいがちになる傾向がある。

親しい間柄になると絆の強い関わりを求めてしまうタイプなので、相手からは「重たい」と思われる場合も。

恋愛に限らず交友関係でも、自分のお気に入りの人が他の人と親密そうにしてると嫉妬心が沸く。

タイトルとURLをコピーしました