水瓶座(みずがめ座)の性格【特徴・傾向】まとめ

水瓶座(みずがめ座)の性格まとめ|特徴・傾向占術

水瓶座(みずがめ座)の性格まとめ|特徴・傾向

水瓶座(みずがめ座)の性格について本質的な特徴を紹介しています。

ここでは、星座占いや運勢についての書籍やWebメディアなどで述べられている内容を最大公約数的に集約して、水瓶座(みずがめ座)の基本的な性格の特徴、思考や言動などの傾向をまとめて一覧にしました。

独創的な発想力が豊かな水瓶座

独創的な発想力が豊かな水瓶座

独自の発想や考えで、物事を捉えたり生み出す能力に長けている。

発想力が豊かなので、周囲がなかなか思い付かないアイデアがよく出る。

創造性があるのは、新しい情報を次々と吸収して自分の知識として蓄えていく傾向があるから。

世間一般の既成概念にとらわれていないからこそ、ありがちではないユニークな発想ができる。

独創的な発想があまりに斬新過ぎて理解されず、周囲から「異色・奇人」扱いされることも。

個性的な魅力で人を惹きつける水瓶座

個性的な魅力で人を惹きつける水瓶座

周囲に流されない独自の世界観があり、そこへのこだわりの強さが魅力になっている場合が多い。

「凡庸な人」や「どこにでもよく居そうな人」ではなく、独特な個性を持っている傾向が強い。

保守的な人からは出そうにない革新的な価値観を示すところが、周囲の人を惹きつける。

人があまり注目しないようなことに興味を持ったり、他の人とはちょっと違ったものの見方や考え方をする。

相手の捉え方によって「個性あふれる素敵な人」になるし、「個性が強い変わった人」にもなるタイプ。

偏見なく物事を公平に判断する水瓶座

偏見なく物事を公平に判断する水瓶座

人や物事に対して偏見を持っていない気性なので、レッテルを貼って区別や差別をしたりはしない。

博愛精神があるので、関わった人の誰に対しても分け隔てなく優しく接することができる。

年齢や性別、社会的な地位の違いによって、接し方や付き合い方を変えたりしない。

人間関係において自分の中で序列を決めたりすることはなく、公平に付き合う性格。

誰に対しても壁を作らず気さくに接していくタイプだが、自分のペースを重視するので協調性はあまりない。

自分と他者お互いの個性を尊重する水瓶座

自分と他者お互いの個性を尊重する水瓶座

人それぞれに個性があるのは当たり前だし尊重されるべきというのが、基本的なスタンス。

身内であれ他人であれ「三者三様・十人十色・百人百様」というように、各人ごとに特性があるものと得心している。

根本的に「自分は自分、人は人」という考え方をしているので、自分と他人とを比較するようなことはない。

自分の思いや考えと食い違っていたとしても、決して一方的に相手を否定したりすることはない。

他者の個性や思想を尊重するタイプだが、相手に配慮して自分の考えを隠したり曲げたりはしない。

常識に縛られず自由奔放な水瓶座

常識に縛られず自由奔放な水瓶座

束縛されて一つの所にとどまっていることは嫌で、自分の思うとおりに行動したい性格。

しがらみや規則にとらわれず、自由奔放に自分の好きなこと興味があることに没頭して生きていきたいと考えている。

常識や建前をあまり気にせず、その場その場で考え自分の価値観で行動する。

日本人にありがちな“右へならえ”といった、皆んなが同じことをするように強いる風潮が窮屈に感じるし、同調もしない傾向がある。

個人の自由が尊重される環境であれば、持って生まれた「天才肌」を存分に発揮する。

良く悪くもいつもマイペースな水瓶座

いつもマイペースな水瓶座

周囲の受け止め方に違いは出るが、いい意味でも悪い意味でもマイペースに振る舞う傾向が強い。

何があっても自分のペースを崩さないのは、自分の中で強烈な独特のこだわりがあるから。

場の空気を意識したり雰囲気に流されたりして、自分の考えや行動を周りに合わせることはしない性分。

危機的状況に陥っても、狼狽したり落胆することはあまりないタイプ。

人に合わせるのが苦手なので協調性はなく、集団行動よりも単独で思いのまま動きたがる性格。

社交的だが束縛や干渉が苦手な水瓶座

社交的だが束縛や干渉が苦手な水瓶座

社交性はある方だが特定の人間関係に縛られるのが嫌なので、誰とでもほどほどの距離を保って付き合う。

いくら親しい間柄といえども過度に干渉されることが嫌いなので、一定の適度な距離感を保って人付き合いするのが得意。

誰とでもすぐ親しくなれるが、距離感が近すぎるベタベタした関係は苦手。

付き合いの長さに関係なくフレンドリーに万遍なく接するが、誰に対しても深入りはしない。

人付き合いが苦手というわけではないが、あくまでも個人主義なので本質的に人と群れることは嫌い。

知識や情報を吸収して知性を高める水瓶座

知識や情報を吸収して知性を高める水瓶座

自分が興味を持ったことに関してはとことん知りたいと思う性格なので、知識や情報を吸収していく。

知識や情報をたくさん取り入れたがる性格なので、話の引き出しが多い。

新しい物事を調べたり知見を広めるのが好きなので、同じ興味を持ってる相手だといくらでも話ができる。

好奇心が強くて色んなことに興味を示すだけでなく、探求心から新しい情報を蓄えていく。

知識が豊富で論理的思考なタイプ故に、「理屈っぽい人」という印象を持たれてしまいがちな面も。

理路整然とした論理的思考の水瓶座

理路整然とした論理的思考の水瓶座

物事を論理的に解釈する性格で、「主張に対する根拠」「結果に至った原因」などが欠けていると納得できない。

根底をなす思考回路がロジカルな思考なので、考え述べたり説明をする時には道理にかなう筋道立てた話し方になる傾向が強い。

たとえ意見や価値観が違っていても、論理的なやりとりが出来るのであればいくらでもコミュニケーションを取れる。

明確な根拠がなく感情論のみでなされる話し合いなどは好きではないし、意味のないことだと考える性格。

自分が理知的で冷静に振る舞うタイプなので、「感情的な人」が苦手で厄介な存在と感じる。

常識や慣習にとらわれない水瓶座

社会一般の常識や慣習などに縛られることが、とにかく嫌い。

フラットな人間関係を好む性格なので、「タテ」の関係を重視した古い慣習に抵抗感がある。

周囲にどう思われようと気にしないタイプなので、人の顔色をうかがったり忖度したりするようなことはほぼない。

保守的であったり封建的な体質が強い環境下では、持ってる良い部分や能力が発揮されにくい。

常識や建前を気にせず自由奔放に振る舞う言動に対して、周囲の人によっては「常識外れな人」と捉えられている場合も。

淡々としててクールな印象の水瓶座

淡々としててクールな印象の水瓶座

何事に関しても執着はあまりしない性格なので、思考の切り替えが早い。

理論に沿って冷静に考えて行動するタイプなので、「淡泊でクールな人」という印象を持たれることも少なくない。

どんな相手とも親しくなるが、誰とでも深くは繋がらずにサッパリした関係性を保とうとする。

「人は人、我は我」という思考が根底にあるので、日本の社会でよく見られる同調圧力などには気を留めないタイプ。

感情論は排除して物事を論理的に考える傾向があるので、「情が薄くドライな人」と思われていることもある。

突飛で変わり者と見られやすい水瓶座

突飛で変わり者と見られやすい水瓶座

その場の雰囲気や他の人の振る舞いとはズレた言動をしたりするので、「ちょっと変わっている人」と捉えられがち。

周りから浮いてしまうこともよくあるが、そんなことは意に介さず自分のスタンスを崩さない性分。

周りから「常識のない変わり者」と思われることも少なくないが、それに関して全く気にしない。

本人からすれば「平凡なその他大勢の一人」と見られるのが不愉快で、「風変わりな人」と思われる方がむしろ心地好い。

個性が強く出すぎて「変人扱い」される人もいるが、没個性的な存在に思われるよりもマシだと考えるタイプ。

タイトルとURLをコピーしました