蟹座(かに座)の性格【特徴・傾向】まとめ

蟹座(かに座)の性格まとめ|特徴・傾向占術

蟹座(かに座)の性格まとめ|特徴・傾向

蟹座(かに座)の性格について本質的な特徴を紹介しています。

ここでは、星座占いや運勢についての書籍やWebメディアなどで述べられている内容を最大公約数的に集約して、蟹座(かに座)の基本的な性格の特徴、思考や言動などの傾向をまとめて一覧にしました。

感受性が鋭く情緒豊かな蟹座

感受性が鋭く情緒豊かな蟹座

繊細で豊かな感受性を持っているので場の空気を感じ取り、状況に応じて行動することが上手。

頭ではわかっていても感情面で割り切れない部分があると、納得できず気持ちがスッキリとしない。

物事に対する判断を下す際に、理屈や道理よりも感情の方が優先してしまう傾向が強い。

外的要因の影響を受けやすい面があるので、日常の中の些細な出来事にも心が動きやすい。

とても感受性が強いので、良い意味でも悪い意味でも喜怒哀楽がとても激しい性格。

家族や身内をとても大切にする蟹座

家族や身内をとても大切にする蟹座

自分にとって大切な人(パートナーや家族をはじめ心を許した親しい人)に対しては、ひたすら深い愛情を注ぐ。

自分の意識の中で、「家族や身近な人」と「他人や部外者」の線引きがハッキリしており峻別している。

身内意識が非常に強い性格で、仲間内と捉えた人にはどこまでも愛情深く接して優しい。

繊細で感情の揺れが大きい故に、心の平穏を保てる聖域として家庭や家族を大切にし守ろうという思いが強い。

家族や仲間内には徹底した慈愛の心で接するが、それ以外の他者には冷淡な面を見せることも。

母性本能が溢れて愛情豊かな蟹座

母性本能が溢れ愛情豊かな蟹座

自分よりも立場が弱いような相手に対して、何かをしてあげたくなる気持ちが強い傾向がある。

情が深いので、親しい相手が落ち込んでいる時や辛い時には寄り添ってあげたいと思う気持ちが強くなる。

誰かに頼られると本能的に放ってはおけない性分で、感謝されたり有難がられることで心が満たされる。

自分のことを後回しにしてでも、相手のためになることを優先した言動をする気性。

身近に弱っている人や困っている人がいたら、見過ごすことができずサポートしたくなる性格。

包容力があり安らぎを与える蟹座

包容力があり安らぎを与える蟹座

どんな話でも優しく聞い入れ、相手の心に寄り添うことができる共感力を持っている。

気の許せる相手に対してはネガティブな面も含め受け止める寛容さがあり、相手のためになる言動ができる。

一緒にいると相手がとても安心した気持ちになるような、親しみやすい癒し系の雰囲気を醸し出している。

自分の主張はし過ぎることなく、相手の考えや感情をしっかりと受け止めることができる。

いまいち腑に落ちないところがあったとしても、相手の話を最後まで親身になって聞くことができる聞き上手。

世話好きで面倒見が良い性分の蟹座

世話好きで面倒見が良い蟹座

困っていたり相手が喜ぶことなら、ついついアレコレと世話を焼き親身になって尽くす性格。

人の心の細かな動きを敏感に感じ取る性格で、相手の気持ちを察した上でケアする気性。

一度気を許した相手に対しては家族や身内並みに接し、親切すぎるくらい優しくする傾向がある。

自分が大切に思う人には全身全霊で愛情を注ぎ尽くす気性なので、相手によっては重荷に感じられている場合も。

世話を焼き出すと何から何までやり過ぎてしまう傾向があるので、おせっかいに思われることも。

仲間意識が強く心強い存在の蟹座

仲間意識が強い蟹座

身内や仲間のためなら努力や協力を惜しむことはなく、懸命に支えて献身的に尽くす。

人と人の絆をとっても大切にする性格で、一度受け入れた人に対してはとても面倒見が良い。

大切にしている人との絆をより深めていくことを好み、仲間意識が強く共同体を作りたがる面がある。

誰かれなしに招き入れるわけではなく、身内や仲間となる人を慎重に見極める傾向がある。

自分の身内やテリトリーを守る意識が強く、そこに脅威を与える部外者には敵意をむき出しにする。

記憶力が良く物事の飲み込みが早い蟹座

記憶力が良く物事の飲み込みが早い蟹座

記憶力が良くて物覚えが良いので、何に関してでも割と習得してしまうのが早い。

過去に経験したことをよく覚えており、その経験を踏まえてプラスに活かすことができる。

何でもよく覚えているだけに、思い出をとても大切にする性格。

記憶力が抜群で昔の出来事そのものだけでなく、その時に感じた感情も鮮明に覚えている。

過ぎ去った些細なことでもあれこれとよく覚えている故に、過去の出来事に縛られやすい傾向がある。

思い出が大切で回想好きな蟹座

思い出が大切で回想好きな蟹座

楽しかった思い出などの回想にふけることが好きで、それが心の支えになっている部分もある。

過去の思い出を大切にするタイプなので、ノスタルジーにかられることが多々ある。

繊細な感性を持ち記憶力も良いので、印象に残ってる出来事を鮮明に思い出すことがよくある。

昔のことをよく覚えているが故に、過去に起きた出来事を引きずってしまいやすい傾向がある。

良い思い出・嫌な思い出のどちらに関してもよく振り返ることがあり、過去に囚われやすい傾向がある。

内面は繊細でデリケートな蟹座

繊細でデリケートな蟹座

心が繊細なだけに些細なことでも気になりやすい性格で、普通ならスルーするようなことでも気に留めてしまう。

人の気持ちがよくわかるだけに、他人の言動に敏感過ぎて傷つきやすい面がある。

内面はかなりデリケートで打たれ弱いところがあり、何かあると落ち込みやすくそのことに引きずられやすい。

感受性が豊かなだけに感情の振れ幅が大きく動きやすいので、良くも悪くも感情的になりやすい傾向がある。

何かあると落ち込みやすいところがあり、そのことに引きずられやすい。

用心深く警戒心が強い蟹座

用心深く警戒心が強い蟹座

用心深くなりすぎる傾向があり、親しくない相手に対しては無意識のうちに警戒してしまう。

身内や親しくなった人に対しては思いが強くなる傾向があるので、何かと心配するあまり気を揉んでしまう。

気が回り過ぎてしまう故に、心配したり不安に陥った際にはとても神経をすり減らせる。

心配性で何事も深刻に捉えがちなところがあり、「何とかなる」と気楽に捉えることがなかなかできない性格。

家族や仲間内ではのびのびと過ごして意思表示も明確にするが、人見知りで関係性の薄い人の前では内弁慶な面がある。

敵味方をハッキリしがちな蟹座

敵味方をハッキリしがちな蟹座

人付き合いにおいては仲間かそうでないかを厳しく見極める性分で、親しくないるまでは心をさらけ出さないタイプ。

自分の中での大切な人とそうではない人との区別がハッキリしていて、接し方にも違いが出やすい。

身内意識がかなり強い気性なので、敵だと見なすと冷淡な態度をとることもある。

受け入れた人にはとことん愛情を注ぐ気性だが、そうでない人には排他的になる傾向もある。

絆を大切にする性格なので味方には愛情深く面倒見も良いが、共感できない相手に対しては敵視する面がある。

気分の変化が激しくお天気屋タイプな蟹座

気分の変化が激しくお天気屋タイプな蟹座

感受性が強いだけに、その時その時での感情に左右されやすく気分屋な傾向がある。

感情面で敏感すぎる故に反応しやすく、気分のアップダウンも激しく変わりやすい。

親しい人の言動に一喜一憂するところがあり、その影響で気分が大きく変わってしまうことがある。

他者だけでなく自身の感情に対しても過敏に影響を受けやすく、気分の波が変わりやすい。

一瞬にして感情のスイッチが切り替わってしてしまうところがあり、情緒が不安定になることも。

タイトルとURLをコピーしました